困難なプロジェクトに究極のシステムが最高パフォーマンスを生む

ショーデザインのワークフローにおいてKineticは、デザインプラットホームとなり、ショーデザインのすべての要素を組み込んで、最適なソリューションを提供します。

ハイレベルで完全に統合されたメディアサーバー

直感的なユーザーインターフェースと高度な革新的機能を備えたModulo Kineticは、今までにはなかったリアルタイム3D・インタラクティブ機能・及びトラッキング機能を提供します。

よりクリエイティブなショーの為

Modulo Kineticの機能は全てショーの為に構成されています。Modulo Kineticがあれば魅力的なショーを構築できます。
Modulo Kineticは、究極のMedia Serverです。様々な処理を分散する為、Modulo KineticはDesignerと呼ばれるコントロールサーバーと、V-Nodeと呼ばれる映像出力サーバーを接続してショーを行います。
V-Nodeを増設することで、一つのコントローラから無数の映像出力を行うことができます。

ノンリニア タイムライン

Modulo Kineticはタイムラインでプレイバックを行うスタイル。タイムラインを無限に作成して、動画やショーコントロールタスク、3Dシーンなど様々なものを配置してショーを進行します。
タイムラインの中に別次元タイムラインを内包することで、一つのタイムライン操作で無数のタイムラインを操作することもでき、タイムライン方式にありがちな煩雑さから解放されることでしょう。

R-Surface

レンダリングサーフェスと呼ばれるワークスペース上にコンテンツを配置します。出力の際には必ずここを通ることになります。
このレンダリングサーフェスをアウトにアサインすれば簡易的なものでも3Dを使用しないと映像出力できないという手間から解放されます。また、レンダリングサーフェスが全ての出力を仲介する為、ソースのスイッチングや、3Dへの映像の配置、プロジェクターとの連携など様々な出力への分配をより簡単に行うことができます。

3D Engine

Modulo Kineticには強力な3D engineが搭載されています。あらゆる形式の3Dフォーマットを取り込み、シミュレーションや、3Dトラッキングの役に立ちます。
Modulo KineticにはSteamを利用したVR機能が搭載されています。シミュレーションシーンにVR映像とともに没入することができます。

リアルタイムパーティクル ジェネレート

Modulo Kineticは独自開発のパーティクルシステムを搭載しています。このパーティクルシステムを利用してインパクトのあるクリエイティブコンテンツを作成しましょう。

Graph Editor

Modulo Kineticには強力な演算エンジンが搭載されています。直感的なノードプログラミングを使用して様々な演算を行います。
例えばセンサービーコンからの信号を3Dシーン用に変換したり、様々なショーコントロールの役に立つ機能です。

Tracking System

Modulo Kineticには独自開発されたトラッキングシステムが搭載されています。この機能を使用すればビーコンに映像を追従させることがKineticのみのシステムで簡単にできます。
もちろんその他の様々な方式のトラッキングシステムもサポートしています。
(Blacktrax・Kinesys・Hokuyo Laser・PSN・Neuron Mocap・Slamtech RPLIDAR・Stype trackerなど)

• キーフレームによるノンリニアのリアルタイムタイムライン編集
• 組み込みローレイテンシーライブミキサー | NEW |
• 独自のX-Map機能によるレイヤー毎の高度なワープ機能
• リアルタイムパーティクルジェネレーター
• 3D&VRでのプロジェクション研究とシミュレーション
• 3Dプロジェクターのオートキャリブレーション
• 高精度オプティカルトラッキングモジュール | NEW |
• 柔軟なノードプログラミング
• 簡単で強力なショーコントロール
• パネルUIを簡単に作成するためのユーザーインターフェイスデザイナー
• 複数人で設定と操作を最適化するマルチユーザーモード

modulo-pi.com

Rock solidデザインのツアー対応ハードウェア

コンサートツアーや特別な要件を満たす為のハードウェアの選択が可能です。また同時にLTCカード、GenLockカード、ビデオキャプチャーカード等、必要な要件に合わせてスペックをカスタマイズできます。

Bitnami