MiraOS

当ページは更新中でございます。ご了承お願い致します。
ご質問等ありましたらぜひお問い合わせ下さい。
sales@mileruntech.com

usami@mileruntech.com

ricco@mileruntech.com

ルーメンレディオメインMiraウェブサイト

What’s Mira?

MIRAオペレーティングシステムは、LumenRadio社が提供する大規模なワイヤレスネットワークを構築するための開発プラットホームです。開発者は、このシステムを利用して、ワイヤレス技術を利用した独自システムを開発することが可能です。開発用のキットのほか、特許を取得したFuture Proof Connectivity が利用可能な専用のOEMチップセットもご提供しており、このシステムを組み込んださまざまなアプリケーションが開発可能です。

  • Ultra-reliable large scale mesh communication
  • Bluetooth Mesh support
  • Open application layer for customer development
  • Standard IPv6 support
  • Best in class firmware upgrade over the air
  • Multi standard support
  • Wide range of chipset support
  • Easy commissioning using NFC or Bluetooth
  • High Precision (<+/-5us) System Time Stamping of Data

MWA-T1

Mira WIDE AREA module. For long range IoT applications with external and internal antenna options using a 802.15.4 radio.

MWA-N2

Mira LOW ENERGY module. For long range IoT applications with external and internal antenna options using a 802.15.1 (BLE) radio.

MiraOSの構成図

Miraソフトウェアモジュール
+
BLEチップセット

 

https://docs.lumenrad.io/miraos/index.html
システムは電波をスキャンし、他のネットワークからのアクティビティを検出します。
次に、その情報を使用して、時間の経過と共に干渉がどのように変化するかを予測し、ネットワークで使用するチャンネルを決定します。
これは、他のネットワークとの衝突や干渉を避けるために、システム内のすべてのノードで実行されます。
特許済
信頼性の高いコア技術:コグニティブ共存

Cognitive Coexistence

 

MiraOS Footprint
Flash 81kB
Ram 19kB
(nRF52840 has 1MB flash and 256kB RAM)
Processing Power
処理能力MiraOSは限られた時間だけプロセッサーを使用しています。 アプリケーションは、MiraOSの実行中に割り込みがないことを確認します。
Data Rate
(150バイトのパケットサイズ)
0(遠い):1200パケット/分、24kB/s
8(バッテリメッシュ):10パケット/分、200ビット/s
10(リーフ):3パケット/分、60ビット/秒
Chipset Support
MiraOSはNordic SemiconductorsとNXP (nRF52832/nRF52840及びMKW41Z)のチップセットをサポートしています。MiraOSはメモリとMCUの要件を満たせば他のチップセットにも移植できます。

Bluetooth Meshとの比較

Bluetooth Mesh

MiraOS

干渉処理なし・シングルチャンネル使用、
初期設定(3チャンネル選択)→ 低パケット速度
2.4GHz帯で最も干渉が少ない周波数を迅速に
自動検出 → 高パケット速度
電力不足・バッテリーで実行できないメッシュモード
低電力・バッテリー駆動デバイスでのメッシュの実行
IPデータなし・IPv6通信不可
MiraOSがIPv6通信をサポート
フラッディング管理メッシュ・
データスループットを制限する
ルーティングメッシュ・ネットワークで送信される
データパケットの数を減らす
定義済みアプリケーションレイヤー・ライトコントロール専用
多用途なオープンアプリケーションレイヤー
マルチベンダーとの相互運用性なし
マルチベンダーとの相互運用性あり
Bluetoothメッシュスタックは、PHYレベルの
IEEE 802.15.1以外の標準に基づいて構築されていない
MiraOSはいくつかの標準(IPv6, MQTT, UDPなど)
に基づいて構築されている

大規模ネットワーク用の

ワイヤレスメッシュ

 

  • ユーザーの介入は不要・ネットワークはすべてのインフラストラクチャの形成を自動的に処理
  • 大規模なネットワークを構築/サイト全体のネットワークを構築可能
  • 既存のITインフラストラクチャへの影響なし・干渉なし
  • グローバル・ライセンス・フリー2.4GHz周波数帯域での実行

カスタマー評価

MiraOSの電力消費

 

MiraOS is 210 times better than Thread on battery mesh

  • 信頼性 (非常に困難な環境でも、ワイヤレス接続のためのQoSを保証)
  • データの高精度 (50マイクロ秒未満) タイムスタンプ (複数のノード/ソースからのセンサーデータの高度な相関分析を可能にする)
  • 超低消費電力 (16μA (メッシュ作成用ノード)
  • 拡張性 (同じネットワーク内に何千ものノードがある大規模なサイト/建物を横断して大規模なネットワークを構築する能力)
  • 将来にわたって利用可能 (すなわち、各デバイスのソフトウェアを無線でアップデートし、バグ修正、新機能/サービス、未公開の新しい規制への準拠などを可能にする機能です)
  • 相互運用性 (信頼性の高いメッシュと、同じ無線で標準的なBLEやBluetooth5などの規格を組み合わせることが可能になります)
  • シンプルな試運転 (例えば、NFC「タッチツーペア」やスマートデバイスへのポイントツーポイントのBLE接続を使用して、デバイスをシステムにインストール/追加することが可能)
  • 完全なIPv6サポートによる容易なエンド・ツー・エンド接続
  • 標準的な大容量のBLEチップセット (例:nRF 52832/ 840、NXPMKW41x) を活用することで、非常にコスト効率に優れたハードウェアを設計できます

Miraの

キーポイント

Bitnami