Ricco

マイルランテック2.0へようこそ
過去から現在へ  2007年に誕生したマイルランテックは、12年の歴史の中で、ショー演出におけるネットワーク通信技術を核とした製品と、関連する技術により、主に舞台産業に貢献してまいりました。また、トータルショーコントロールというVisionを掲げ、IT技術によりショー演出制御を洗練させる試みにも取り組み、それらを組み合わせた事業をShow Control Digital solutionと名付け、当社のビジョンとして、その歴史を歩んできました。 進化をつづける技術 10年の歳月の中で、それまでの当社の取り組みは一定の理解を得て一般化し、当社の取り扱ってきたさまざまな製品や技術も一般化していく中、ICT技術の急速な進化とともに、我々自身の事業にも、さらなる進化が必要な時代になりました。その取り組み、アップデート作業を、私たちはマイルランテック2.0と名付け、次の時代のマイルランテックへと生まれ変わる決意をいたします。 1 照明制御とワイヤレス 2 IoT技術への関わり 3 テクノロジーアートのための技術提供 照明制御の技術 DMX及びDALIプロトコルのワイヤレス技術をもつLumenRadio社の正規代理店として、同社のテクノロジーを核とした照明制御のワイヤレス技術を、エンターテイメントから建築照明分野にまで、ご提供し、それらの活用推進をサポートしてまいります。これにより照明産業の分野で、ワイヤレスの利便性とその効果に貢献できれば幸いです。 IoT技術への関わり IoT技術の特にセンサーなどローカルなネットワーク分野に関して、メッシュワイヤレス技術により、さまざまな情報を収集するデータの基礎となるインフラ技術に関して、世界的に非常に優れた技術を有するLumenRadio社のパートナーとして、このワイヤレスチップをさまざまな産業の方々がご利用できるお手伝いをすることで、IoTという新しい分野でマイルランテックは新たな価値創造に貢献したいと思っています。 テクノロジーアートとショーデザイン コンピューター技術による魅力的なテクノロジーアート、これら照明と映像及び音響機器が同期して構成されるショー演出技術のデザインワークと運用環境のハードウェアを技術サポートとともにご提供することで、数多くの素敵なプロジェクションショーの誕生に貢献していきます。 宇佐美 浩一 代表取締役
continue reading
よくある質問
よくある質問   ・ワイヤレス技術はどのような課題に直面していますか? 免許不要の無線技術はすべて同じ周波数帯域に依存しているため、無線で接続された製品とデバイスが大幅に増加すると、周波数スペクトルが混雑します。   ・ワイヤレス共存とは何ですか? ワイヤレスの共存とは、ワイヤレステクノロジーが干渉や干渉を受けずに他のワイヤレステクノロジーと共存できる場合です。ライセンスのない周波数帯域に依存するIoT展開を成功させるには、共存が重要になります。   ・なぜワイヤレス技術が共存しなければならないのですか? 周波数スペクトルの輻輳は、通信障害を引き起こす可能性があります。製品に選択したワイヤレステクノロジは、今日の干渉を回避し、明日の混雑に適応する方法を見つける必要があります。   ・ワイヤレスメッシュネットワークとは ワイヤレスメッシュネットワークでは、データがノードを経由して宛先に到達するため、ワイヤレスメッシュネットワークは、ユーザーの介入なしに、それ自体で形成されるすべてのインフラストラクチャを処理します。   ・ワイヤレスメッシュの利点は何ですか? ワイヤレスメッシュがなければ、建物全体に複数のアクセスポイントを設置し、建物全体のネットワーク(最も一般的にはイーサネット)を介してそれらを結び付ける必要があります。ネットワークカバレッジを作成するという唯一の目的でハードウェアと配線が必要になるため、このアプローチは労働集約的であり、費用もかかります。ワイヤレスメッシュネットワークにより、アクセスポイントやその他の特別なインフラストラクチャが不要になるため、メッシュが特効薬と見なされる理由を簡単に理解できます。これは、将来性のあるシステムの作成に役立つだけです。   ・ワイヤレス標準とは何ですか? ワイヤレス標準は、ワイヤレステクノロジーの動作を規定する一連のサービスとプロトコルです。 IEEEやIETFなどの組織によって通常または標準として使用または受け入れられています。   ・なぜワイヤレス規格が重要なのですか? 規格を議論する際に焦点を当てがちな製品間での製品間の相互運用性の明白な理由は別として、何かが改善され進化する可能性と可能性を考慮することも重要です-幅広いコミュニティからの幅広い実装とサポートはポジティブです継続的な改善への影響。   ・周波数アジリティとは何ですか? 周波数の俊敏性とは、ネットワークが障害の少ないチャネルに切り替えて、データを通過できるようにすることです。 LumenRadioのCognitive Coexistenceテクノロジーは、リアルタイムで混oticとした適応周波数ホッピングを可能にするアルゴリズムです。   ・メッシュ技術での低消費電力の利点は? ワイヤレス製品に超低消費電力のメッシュテクノロジーを使用すると、バッテリー駆動のソリューションが可能になり、バッテリー駆動製品がライフサイクル全体を通じて同じバッテリーで実行できるようになります。   ・電池式メッシュとは何ですか? ワイヤレス製品に超低エネルギーメッシュテクノロジーを使用する場合、低消費電力のおかげで製品をバッテリー駆動できます。製品に適したテクノロジーを選択するということは、製品がライフサイクル全体を通して同じバッテリーで実行できることを意味します。   ・同じ製品で2つのワイヤレステクノロジーを同時に実行できますか? コンカレントワイヤレステクノロジーの一般的なソリューションは、製品に2つのワイヤレスチップ(ユーザーインタラクション用のBluetoothチップと建物全体のネットワーク用の別のチップなど)を追加するだけでしたが、MiraOSではこれを1つのチップだけで実現できます。   ・同時BLUETOOTHの利点は何ですか? Bluetoothの同時操作により、直感的で手間のかからない試運転とメンテナンス、大規模なデータセットのローカル抽出、スマートフォンやタブレットを介したエンドユーザーインタラクションの可能性など、多くの可能性が開かれます。
continue reading
同時ブルートゥース
同時ブルートゥース コンカレントワイヤレステクノロジーの一般的なソリューションは、製品に2つのワイヤレスチップを追加するだけです(ユーザーインタラクション用のBluetoothチップと建物全体のネットワーク用の別のチップ)。デバイスの。厳しいタイミング要件を持つ複数のプロトコルを、無線を時分割して同じチップ上で同時に実行することは、大きな課題です。 LumenRadioは、熱心で熱心な努力によりナットをクラックし、解決策を見つけました。 MiraOSの最新リリースでは、同じチップ上で、BluetoothとMiraOSの超高信頼、低エネルギー、IPv6対応のメッシュネットワークを同時に組み合わせることができます。 これは、ワイヤレスメッシュネットワークが完全に動作していると同時に、ワイヤレス製品とスマートデバイス間の相互作用が可能になることを意味します。 Bluetoothの同時操作により、直感的で手間のかからない試運転とメンテナンス、大量のデータセットのローカル抽出、またはスマートフォンやタブレットを介したエンドユーザーインタラクションの可能性など、多くの望ましい可能性が開かれます。
continue reading
低エネメッシュ
低エネメッシュ LumenRadioのMiraOSは、バッテリー駆動のデバイスで超低消費電力を実現します。 メッシュノードの消費電流は16uA未満に削減され、AAサイズのバッテリーからルーティングモードで15年以上の動作が可能になりました。 これは、競合する他のワイヤレステクノロジーよりもはるかに優れており、バッテリ駆動製品をライフサイクル全体を通じて同じバッテリで実行できます。 これはまた、ビルディングオートメーション用のビルディング全体のバッテリ駆動メッシュ接続が初めて実現可能になり、ビジネスに大きな利益をもたらすことができることを意味します。 超低エネルギーメッシュ技術は、ライフサイクル全体を通してバッテリー交換の必要性を排除するため、産業用アプリケーションで実行されるワイヤレス製品の重要なイネーブラーです。 これは長い間強い要望であり、一部の人は夢とさえ考えていました。LumenRadioの技術により、現在では現実のものとなっています。
continue reading
コグニティブ共存
コグニティブ共存 特許取得済みのCognitive Coexistenceテクノロジーは、ワイヤレステクノロジーの基盤であり、今日の市場で最も回復力のある接続ソリューションである主な理由です。現在、他のどのプレーヤーも、より周波数フレンドリーで信頼性の高いプロトコルを提供できません。 ワイヤレス接続製品の数は急速に増加しており、接続されたデバイスの大部分は同じライセンスのない周波数帯域に依存しています。これは、混雑を緩和する戦略がない限り、ますます混雑した周波数スペクトルと通信障害の可能性につながります。 LumenRadioの特許取得済みCognitive Coexistenceテクノロジーは、気象観測所が将来的に周波数スペクトルをどのように利用するかをミリ秒単位で予測することを望みます。この予測は、利用可能な最高の混雑していない周波数に適応するために使用されます。弊社のテクノロジーを使用することにより、お客様の製品は他のワイヤレステクノロジーと共存しながらも将来の使用に耐え、干渉や干渉を引き起こしません。 スマートで認知的であることにより、変化し続ける環境を検出、識別、適応し、真の将来性のある接続ソリューションを作成できます。
continue reading
ワイヤレススタンダード
ワイヤレススタンダード ワイヤレス規格により、相互運用性が可能になります。これは、製品がセンサーからバックエンドおよびクラウドに至るまで、他のデバイスと対話して理解する能力です。 接続製品に無線規格を使用すると、安定性が得られ、最終的に設計時のリスクが最小限に抑えられます。 適切な無線規格を選択することは大きな課題であり、状況は複雑です。 WiFi、Bluetooth Mesh、Zigbee、Thread、Contikiはほんの一部です。 LumenRadioのMiraOSはワイヤレス規格ですが、1つの規格だけではありません。MiraOSはいくつかの規格に基づいています! ワイヤレス標準はさまざまなプロトコルで構築されており、これらのプロトコルは多くの場合、IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)やIETF(Internet Engineering Task Force)などの組織によって標準化されています。
continue reading
ワイヤレスメッシュ
ワイヤレスメッシュとは ワイヤレスメッシュネットワークは、デバイス自体がカバレッジを作成し、データの転送を支援するネットワークです。これにより、個別のインフラストラクチャが不要になります。デバイスはインフラストラクチャ自体を作成し、コストと複雑さを軽減します。 データはノードからノードに転送されるため、デバイスからの範囲はそれほど重要ではなくなります。これは、範囲がすべてのデバイスをカバーする必要がなくなり、代わりに2つのデバイス間の距離をカバーするだけで済むためです。 ワイヤレスメッシュネットワークは、ほとんどの場合、自己修復機能を備えています。素人の言葉で言えば、これは、リンクが悪い場合(たとえば、デバイスの障害や周囲の環境が変化した場合)、ネットワークがトラフィックの新しいルートを見つけることを意味します。したがって、ネットワークは建物内で行われた変更の影響を受けません。言い換えれば、ネットワークは将来を見越しています! ワイヤレスメッシュネットワークは、ほとんどの場合、自己修復機能を備えています。素人の言葉で言えば、これは、リンクが悪い場合(たとえば、デバイスの障害や周囲の環境が変化した場合)、ネットワークがトラフィックの新しいルートを見つけることを意味します。したがって、ネットワークは建物内で行われた変更の影響を受けません。
continue reading
周波数スペクトル
周波数スペクトルとは 数十億台のデバイスがワイヤレスで接続されているため、周波数スペクトルはますます混雑しており、まもなく私たちの最も希少な天然資源の1つになります。 ほとんどの接続製品とWiFi、Zigbee、Thread、Bluetooth Meshなどのほぼすべてのワイヤレステクノロジーはすべて単一の固定チャネルで通信するため、この輻輳によりワイヤレス対応製品のサービス品質が低下したり、完全に動作しなくなったりする可能性があります。 将来、IoTではなく、モノの干渉(Interference of Things)についての話になってしまうおそれがあるじゃないですか? そのため、IoTの展開を成功させるには、周波数の俊敏性が不可欠です。 将来の通信障害を回避するために、ワイヤレスデバイスは他のワイヤレステクノロジーと共存する必要があります。干渉を受けたり干渉を引き起こしたりすることはありません。 LumenRadioの特許取得済みコグニティブ共存テクノロジーは、RF妨害に対する最大限の堅牢性を提供し、他のワイヤレスネットワークへの影響を最小限に抑えます。
continue reading
Kowa 2020 Exhibition Notice
Kowa 2020 Private Fair exhibition notice Dear all,   We are pleased to inform our kind customers that our company will exhibit at Kowa 2020 Private Fair on January 23rd and 24th, from 10am to 5pm.   Please come over...
continue reading
2019 Winter holiday break
2019 Winter holidays notice   Dear all,   Please be informed that our company offices will be closed due to winter holiday break from December 28th (Sat) 2019 until January 5th (Sun) 2020.   We also wish to remind you...
continue reading
Bitnami