スマートライティング

From dusk till dawn

夕暮れ時、間も無く訪れる日没にかけて、ゆっくりと照明シーンを起動する。コンピューター制御のライティングは、その場所、シーズンに合わせて夕暮れと日没を認識し、正確な時間で、その時間帯に合わせた照明シーンを起動します。

どちらのタイプのタイムラインも、コントローラが正しい時刻に設定されていることに依存します。又、複数のデバイスと同期する場合は、Pharos コントローラーを含むシステム全体が同じ NTP (Network Time Protocol) サーバーで動作することが必要です。インターネットベースのタイムサーバーは、システムが同じ時間に正確に動作することを保証します。

ワイヤレスコントロール

照明制御のために通信ケーブルを敷設することなど必要ありません。ワイヤレスコントローラーを使えば、もっと自由に簡単にLEDをコントロールできます。照明を制御するために、DMX、DALI に加えKINETなど、ポピュラーなプロトコルをサポート。

屋外に常設しても心配ない筐体もご用意。LED照明のワイヤレス制御なんて簡単です。

Automatic Playback vs Control from Cloud server

フルカラー出力のLED照明器具を、事前にプログラムしたシーンでドライブ。 アーキテクチャー、ランドマークのライトアップなど、LED器具がコントローラーのプログラムに合わせ、自動で照明シーンを再生します。同時に、クラウドデータベースにモバイルデバイスからアクセスして、ユーザーが自由に照明シーンを切り替えることも可能です。

インターネット接続があれば、モバイル端末でクラウドサーバーへアクセスし、コントロールパネルを開いて、お好みの照明シーンを再生することも可能です。

Pharos Lighting コントローラーは、内部クロックを利用したリアルタイム・タイムラインとアストロノミカルタイムラインを用意しています。これは日の出と日の入りを自動的に追跡するタイムラインで、照明が設置された地域にマッチした日没などの時間に合わせて、照明シーンを正確に再生することが可能です。