Modulo Pi 全製品の仕様を変更

Modulo Pi 全製品の仕様変更を発表

 

Modulo Player, Modulo Kineticの全製品で、ハードウェアが世代交代となり、新しいハードウェアの仕様が発表されました。

主な仕様変更

   搭載するRAM を大幅にアップ

    STD= 16GB Ram 

    PRO= 64GB Ram

   PCIE 4.0による大幅な帯域の増強

   プロシリーズ全モデルでPCIE SSDストレージを採用

   NVMe ディスクの採用によりさらに高速なコンテンツ読み出しが実現

   新世代のAMDプロセッサー採用

   新世代GPUを搭載

   マザーボードの刷新

   上記により、インプットカードのスロットが追加

   6 outputs モデルに2x4K モデルが追加

 

詳細は下記のサイトより確認いただけます。

https://www.modulo-pi.com/new-hardware-revision-2022-1/?mc_cid=ebc005da65&mc_eid=ca6b6dda4e

この大幅な仕様変更は、コンピューターハードウェアの世代交代に伴う変化であり、CPUやGPUだけでなくマザーボードも刷新され、Modulo 製品のすべてで、大幅なパフォーマンス向上が期待できます。

しかしながら、この仕様変更により、価格も大幅な改定がありました。基本的には、価格上昇となっており、これは単に仕様変更したことによるものではなく、世界的な半導体不足の影響から発生したパーツコストの上昇も大きな要因となっております。

 

 

すでにユーザー各社さまには価格表をお送りしておりますが、何卒、ご理解の程、よろしくお願いいたします。